シェアリングビジネスの将来展望を考察する

・シェアリングビジネスは進化している

シェアリングという概念は、決して新しくない。レンタカーは古くからあるカーシェアだし、カラオケボックスは一種のスペースシェアといっても差し支えない。方法論やプロモーションに変化をつけ、最近になって既存ビジネスがシェアリングという言葉に変え、再構築される動きが活発になってきている。

理由は、パソコンやスマホを利用し、工夫を凝らしたサービスが可能になったからだ。以前はネットワークやクラウドによるWebサービスが無かった為、リアルタイム性が乏しく、予約を中心としたサービスに留まっていた。しかし、現在では技術やインフラの向上により、重要な要素であるリアルタイム性を可能にしたことが大きい。一昔前ではアイディアは有っても環境的に実現が難しかったのである。過去と現在のシェアリングビジネスを区分けするのであれば、過去のシェアリングは、時間的に余裕を持った予約を中心とした「レンタル」的であるのに対し、現在のシェアリングは「リアルタイム・シェアリング」と定義して良い。明らかに過去では不可能なビジネスである。似てはいるが、ビジネスプロセスが全く違う別業態といっても過言では無く、従来のシェアリングと切り分けて考えるべきである。

続きはダウンロードいただくと、シェアリングが機能する領域や、将来展望の考察についての内容が、ご覧いただけます

こちらもご覧ください。