tokimane Fes. 開催決定!

新しい働き方と生産性の向上について。人材の発掘と共有

この度bizdroid Inc.は、初となる単独セミナーを行う事となりました。開催日は2020年2月26日水曜日、午後15時スタートとなっております。会場は、東京駅や有楽町駅から程近い「東京国際フォーラム」のホールD1となり、参加費等は無料となっております(事前申込制)。「働き方と生産性の関係をどう再構築するのか。人材流動化とモチベーションが解決のカギ」と題しまして、現在話題のパラレルキャリアについてや、働きがいに関するトピックなど、魅力的な講演者をお招きして語っていただきます。

講演者ご紹介

講演者は、2名を予定しております。

法政大学大学院政策創造研究科 研究科長 教授 博士(政策学)の石山 恒貴氏は、一橋大学社会学部卒業、産業能率大学大学院経営情報学研究科修士課程修了後、NEC、GE、米系ライフサイエンス会社を経て、現職へ。越境的学習やキャリア形成、人的資源管理等が研究領域についての講演や執筆など多数行っています。

「越境的学習と企業のタレントマネジメント施策の関係性」と題して、日常の会社の業務とは異なる経験をすることで学びにつながる越境的学習と、人材をタレントと考えて能力開発を進めるタレントマネジメントにはどのような関係性があるのか、この関係性について講演で考えてくださいます。

もうひと方の登壇者は、株式会社ワークスアプリケーションズ創業者で元代表取締役 CEOの牧野 正幸氏です。牧野氏は、大手建設会社、ITコンサルタントを経て、1996年に株式会社ワークスアプリケーションズを設立。創業以来成長を続け、「国内ERPパッケージ市場おいてトップシェアを獲得し不動の地位を確立しました。「働きがいのある会社」ランキング (Great Place to Work Institute Japan)で10年連続「ベストカンパニー賞」を受賞し、現在はワークスアプリケーションズを離れ、株式会社識学 特別講師、株式会社メディアドゥホールディングス 顧問などに就任しています。

イノベーティブな人材を育てるためには、自ら成長できるような環境を提供することが大切です。活躍の場を他部門に求め異動する「FA制度」や退職後いつでも戻って来られる「カムバックパス」など、適材適所に徹底的にこだわり社員1人1人の能力を引き出す組織運営について語ります。

tokimane Fes. by bizdroid Web サイト https://www.bizdroid.co.jp/seminar20200226

 
 
 

* 会社名、製品名等はそれぞれ各社の商標または登録商標です。
* 本リリースに掲載された内容は発表日現在のものであり、予告なく変更または撤回される場合があります。また、本リリースに掲載された予測や将来の見通し等に関する情報は不確実なものであり、実際に生じる結果と異なる場合がありますので、予めご了承ください。

こちらもご覧ください。