シェアリングビジネスの将来展望を考察する

・シェアリングビジネスは進化している: シェアリングという概念は、決して新しくない。レンタカーは古くからあるカーシェアだし、カラオケボックスは一種のスペースシェアといっても差し支えない。方法論やプロモーションに変化をつけ、最近になって既存ビジネスがシェアリングという言葉に変え、再構築される動きが活発になってきている。 理由は、パソコンやスマホを利用し、工夫を凝らしたサービスが可能になったからだ。以…

フラット組織は本当に夢の組織なのか?

・そもそも誤解しがちなフラット組織の概念: 日本における組織というものは、はるか昔から上意下達のピラミッド組織がお決まりである。高度経済成長時の成功モデルとして年功序列と共に日本の成長を支えてきたモデルと言っても過言ではない。しかし、経済に陰りが見えると年功序列やピラミッド組織は悪のレッテルを張られる事になる。年功序列は成果主義を是とし、最近ではピラミット組織ではなくフラットな組織という言葉を使っ…

リレーショナルアナリティクスでコア人材を把握

・日本企業は以前から人材情報は持っていた: 世界的に、特にアメリカで人材情報の活用が盛んに行われるようになってきた。それは我々日本人が考える人事情報の事だが、“タレントマネージメント”や“ピープルアナリティクス”という名に変えて、如何にして人材を活用することが企業成長にとって有効であるかが注目されるようになった。“リテンション”、“エンゲージメント”などのキーワードを使い、データを基に人材把握しま…

インクルージョンとイノベーションのジレンマ

・ダイバーシティ&インクルージョン: 現在、人材活用において注目されているダイバーシティ&インクルージョンという概念がある。日本においてダイバーシティという言葉は少し前から浸透しつつあるが、インクルージョンという言葉は耳に新しい。ダイバーシティは多様性の意味で、性別や人種、障害等に関わらず、広く人材を活用しようというもの。元々アメリカで社会的マイノリティを差別なく処遇するという考え方として使われて…

タレントマネジメントで生産性向上は可能か?

・Chief Collaboration Officer(CCO)設置の提案: 従来の日本型の人事管理からタレントマネジメントへシフトして来ているなか、最適人材配置や人材活用という言葉やサービスが活気付いている。 テレビのCMからタクシーの中まで以前では考えられない群雄割拠な状態になっている。表現も上手で、その先にとても明るい未来が控えているような、これからの人材活用の切り札的な印象を受けるものも…